Tinderのセフレ紹介業者にゲイ専用アプリに誘導された

マッチングアプリ

Tinderのセフレ紹介業者に注意だ。

騙される人もいないと思うけど、無料で使える出会い系はロクに管理がされておらず、詐欺業者が溢れている。

Tinderも、そんな詐欺業者があふれる出会い系のひとつ。

 

よくセフレを紹介するという業者を見かけるけど、本当にセフレを紹介してもらえるのか連絡を取ってみた。

セフレ紹介業者の特徴

セフレ紹介業は、アカウントを大量に作りプロフィールにラインIDや、インスタのIDを載せ、男性が連絡してくるのを待つ。

昔は少しセクシーな画像を載せているアカウントが多かったのだけど、通報されてしまうのか、最近は可愛い女の子の写真を載せているのが多いね。

もちろん、中身はただのおっさんだと思われる。

 

基本的に、彼女たちはプロフィールに書いてあるラインIDに連絡してくるのを待っているので、マッチすることは無い。

だから、ラインIDを載せているけどマッチした場合には、業者じゃなく一般人なこともある。(マルチ商法や情報商材屋だったりするけど。)

 

 

彼女たちは同じ距離で表示される事が多いので、おそらく同じ地域から複数の端末で大量にアカウントを作っていると思われる。

だから、エリアを狭くすると表示されるのを避けたりできる。(拠点が近い人はご愁傷様。)

紹介業者にLINEをしてみる

ティンダーに見つけた業者アカウントのIDを友達登録。

LINEを送ってみると無駄にキーワードを言わされ、ほかの商用アカウントに飛ばされた。

そこでも、無駄にキーワードを言わされたあと、セフレ紹介の説明のサイトを読むように言われる。

 

 

読んだ旨をつたえ、住んでいる地域を教えると、どの子がいいか選べと連絡が来た。

女の子をチョイスするとー…。

アプリに登録するように促された。

ゲイ専用アプリの登録業者

最後は、アップルストアのゲイ専用のアプリ2つに登録するように促された。

登録してくれとURLを送ってきた後は音沙汰なし。

 

業者はアフィリエイト報酬がセフレ紹介の報酬となると話していたけど、送られてきたリンクをアドレスを見る限り、アフィリエイトリンクでは無かった。

なので、この2つのアプリの運営者が業者行為をしているんじゃないか。

 

 

女のセフレを探している人に、ゲイ専用のアプリを登録させるって…。

仮に登録したとしても、本気で登録しているゲイの人の邪魔ににるだけだよねー。

 

登録して様子を見てみようと思ったけど、俺はアンドロイドだから出来ませんでした。

みなさんも、セフレ紹介業者には気をつけてくれ。

でも、この追加者数見ると騙されちゃう人がいるんだろうなー。w